ひどい無駄吠え対策

人気閲覧ページ TOP3

ひどい無駄吠え対策

しつけをすることは、犬にとっても、私たちにとっても、
とても重要なことです。

 

しかし、ひどい無駄吠えの場合、しつけをすること以外にも、
そもそも愛犬が、吠える環境をつくらない、という対策方法もあります。

 

たとえば、玄関のドアホンやチャイムで吠えてしまう犬の場合なら、
玄関に張り紙をする方法です。

 

『犬が吠えるので、鳴らさないで下さい。御用の方は、お電話ください。』
などの張り紙対策をドアホンにしておき、人が来たらチャイムが鳴る、
という状況を排除します。

 

また、何かを見て(例えば来客者や通行人)吠えてしまう場合は、
そのもの自体を見せないようにする対策をとります。

 

ゲージやハウスにいる場合は、布などで覆って見えないようにします。
また、通行人に反応している場合は、カーテンを閉めるようにします。

 

特に、視界を遮るものがないハウスにいる場合や、そもそもハウスが
ない場合は、犬が落ち着く場所がなく、吠えやすくなりがちです。

 

散歩中に、他の犬や人に吠えてしまう場合は、伸縮するリードを
使ったりしていませんか?
犬の行動を制御しにくいので、吠えさせてしまいがちです。

 

また、散歩の量は、十分ですか?
犬種、年齢、犬のサイズによって、必要な散歩量は違ってきます。

 

パワーがあり余っていると、当然、吠えやすくなります。

 

また、そのほかにも、愛犬の目の前で、愛犬の食事の用意をしていたり、
「マテ」ができない犬は、おねだりから吠えがちです。

 

しつけ方法を試す前に、まずは、環境が吠えやすくしていないかを
見直してみることから始めましょう。

 

いくら教えても、吠え癖が治らない愛犬に……

愛犬のしつけ

 

愛犬のしつけ

※最初はうちのサイトで紹介している方法でトレーニングしてみてください。
 それでも改善が難しい場合などに、このプロのDVDマニュアルを活用してみましょう。
 私もチェック済みですが専門家ならではのしつけテクが多く、かなり参考になります。

 

 

 

 


 
5つの基本しつけ 犬種別にしつけよう ほめてしつける 犬が吠える6つの理由 訓練グッズを活用