子犬からしつける

人気閲覧ページ TOP3

子犬からしつける

子犬が家族の一員になった日から、人間社会に溶け込むための
訓練がはじまります。

 

特に子犬のうちは、あまりの可愛さから、つい甘やかしてしまいがちです。
しかし、子犬の性格は、6ヵ月までに決まるといいます。

 

この時期に、放任主義にすると、本能のままに行動するようになります。
当然、犬は吠える動物なので、無駄吠えも、当たり前のように
するようになってしまいます。

 

そのために、基本的なしつけは、生後4ヶ月頃から始めましょう
成犬になるにつれて、自我が発達し、新しいことを教えることが
難しくなります。

 

室内で飼うのであれば、トイレのしつけは、初日から始まると思います。
無駄吠えのしつけも同じです。

 

興奮させて、吠え癖をつけさせたり、じゃれつかせて、
噛み癖をつけさせることは、やめましょう。

 

特に、子供がいる家庭では、犬への接し方を予め
教えておくことも必要です。

 

また、子犬のうちから、家族以外の人とも触れさせて、
人間に慣れさせましょう。

 

人に吠えたりする原因は、子犬の頃にいじめられた経験があったり、
他人に会う機会が少なかった、ということが多いです。

 

だから、ワクチン注射が済んだら、外に連れ出して、
多くの経験をさせてあげましょう!

 

そうすることで、物怖じや人見知りをしない性格に育てます。
それが、無駄吠え防止のために、必要なことなのです。

 

ただし、子犬は、とても感受性が強いので、震えるほど
怖がっていたりしたら、すぐに抱っこをして、安心させてあげましょう。
トラウマになってしまうので、決して無理はさせないようにしてくださいね。

 

いくら教えても、吠え癖が治らない愛犬に……

イヌバーシティ

 

愛犬のしつけ

※最初はうちのサイトで紹介している方法でトレーニングしてみてください。
 それでも改善が難しい場合などに、このプロのマニュアルを活用してみましょう。
 専門家ならではのしつけテクが多く、かなり参考になります。

 

 

 

 


 
5つの基本しつけ 犬種別にしつけよう ほめてしつける 犬が吠える6つの理由 訓練グッズを活用