ほめてしつける

人気閲覧ページ TOP3

ほめてしつける

犬が良いことをしたら、オーバーなほどにほめて、ご褒美を与え、
その行動を奨励します。

 

 

しつけの手順

 

最初はできるだけ、しっかり褒める

無駄吠えのしつけ

 

新しい行動をしつける際は、はじめは、できるたびに、ほめて
ご褒美をあげるようにしましょう。

 

そうすることで、犬は、「ご主人様に従うと嬉しいことがある」と
覚えてくれます。

 

慣れてきたら、褒め方を落としていく

無駄吠えのしつけ

 

慣れてきたら、褒め方を徐々に落としていきましょう。
ご褒美のおやつも、減らしていくようにします。

 

 

4つの注意ポイント

メリハリをかけて褒める

また、ほめられた理由をはっきりさせるために、ほめる時間は短く、
メリハリをつけます。

 

しつけ以外ではおやつをやらない

また、この方法で、しつけていくために、しつけ以外で、
おやつをあげては、効果が半減してしまいますので、気をつけましょう。

 

おやつ以外のご褒美も必要

ご褒美には、おやつ以外にも、言葉やおもちゃ、撫でること、
遊んであげることなどの方法も大事です。

 

言葉やふるまいは統一して褒める

言葉は、「よし」「グッド」など、家族みんなで統一するようにしましょう。
また、微笑みながら声をかけてやるなどして、表情にも意識してください。

 

言葉と同様、撫でるときは、いつも同じ言葉を使いながら、
優しく撫でてあげるようにします。
褒め方が毎回バラバラだと犬も混乱してしまいます。

 

 

犬によって、性格も様々なので、しつけ方法も様々ですが、
むやみに叱るよりは、ほめてしつける方が有効的です。

 

また、感情的に怒ったりすると、飼い主さんへの不信感につながり、
信頼関係が崩れてしまうことも。

 

性格によっては、萎縮してしまったり、パニックになってしまう犬もいます。

 

できるだけほめてやる気を出させてしつけるようにしたいものです。

 

 

なかなか治らないなら…

 

また、褒めてもなかなか吠え癖が治らない場合は、やり方やタイミングが悪いか、
吠えることが完全にクセになっている
可能性があります。

 

その場合は、専門家が監修するDVDマニュアルを活用するのもおすすめです。
私もこのDVDマニュアルを見ましたが、かなり勉強になりましたし、
他の購入者さんからも評判がいいです。

 

 売上No.1 犬のしつけDVDマニュアル

※値段は少し高いけど、返金保障付きなので効果がなければ返品できます。

 

 

いくら教えても、吠え癖が治らない愛犬に……

イヌバーシティ

 

愛犬のしつけ

※最初はうちのサイトで紹介している方法でトレーニングしてみてください。
 それでも改善が難しい場合などに、このプロのマニュアルを活用してみましょう。
 専門家ならではのしつけテクが多く、かなり参考になります。

 

 

 

 


 
5つの基本しつけ 犬種別にしつけよう ほめてしつける 犬が吠える6つの理由 訓練グッズを活用