リーダーは人間

人気閲覧ページ TOP3

リーダーは人間

あなたと愛犬の関係を見直してみてください。
あなたがきちんとリーダーになれていますか?

 

しつけの大前提として、あなたが、愛犬に対して、絶対的なリーダーシップを
取れているかどうかは、重要なポイントになります。

 

犬は、もともと、群れで行動する動物であり、リーダーをつくり
リーダーに服従する習性があります。

 

よくなついているから、犬は自分(飼い主)のことをリーダーと
思っているはず、と思っている飼い主さんも多いでしょう。

 

しかし、それは違います。

 

あなたになつくと、あなたをリーダーとみなすは、まったく別です。

 

無駄吠えのしつけ

 

 

人間社会で暮らす犬は、家族が自分の群れだと思っています。
よって、家族にも順位をつけるのです。

 

 

犬にリーダーと認識させるポイント

 

食事は人間が先にとる

まず、食事は、人間が先に取るようにします。

 

人間の食べているところを見ると、犬も欲しがりますが、
ここであげてしまってはダメです。

 

自分の要求がすぐ通ると思い、立場を勘違いしてしまいます。

 

遊びのときも主導権はあなた

遊んであげるときは、飼い主さんが遊びの主導権を握ります。

 

例えば、ものを投げて遊んでやっているときも、拾ってきた犬が、
それをもってどこかに行ってしまったから終わりではなく、
ちゃんと犬が持って帰ってきたら終わりにするようにします。

 

散歩なども人間がリードしていく

散歩となると、たいていのワンちゃんは喜んで、
どんどんリードを引っ張り、自分のいきたいところに行こうとします。

 

しかし、犬の行きたいところに、行きたいタイミングで行かせるのではなく、
あなたの行きたいところに、あなたのタイミングで行くようにしましょう。

 

玄関への出入りも、飼い主さんから行います。

 

寝る場所は別々

また、寝床を共有すると、犬は飼い主さんと同等の立場だと
勘違いしますから、同じ部屋で寝ても、犬には別の寝床を用意します。

 

 

こういった日常の中で、主従関係を学習させていきます。

 

飼い主さんは、常に上位の存在として振る舞い、十分なスキンシップを
とってあげることで、愛情を注ぎ、自分のことを守ってくれるのは
この人なんだと、犬に思ってもらうようにします。

 

犬にとって、リーダーは、安全な環境を確保したり、食事を確保してくれる
といった、自分を守ってくれる存在だからです。

 

この関係こそが、しつけの基礎の基礎になります。

 

いくら教えても、吠え癖が治らない愛犬に……

イヌバーシティ

 

愛犬のしつけ

※最初はうちのサイトで紹介している方法でトレーニングしてみてください。
 それでも改善が難しい場合などに、このプロのマニュアルを活用してみましょう。
 専門家ならではのしつけテクが多く、かなり参考になります。

 

 

 

 


 
5つの基本しつけ 犬種別にしつけよう ほめてしつける 犬が吠える6つの理由 訓練グッズを活用