マスターしたいしつけ

人気閲覧ページ TOP3

マスターしたいしつけ

まず、しつけをするためのポイントとして、毎日トレーニングをします。
時間は最初は、5分くらいと短めに設定しましょう。

 

そして、屋内でしつけの訓練を始めます。

 

散歩前で犬が運動をしたい状態や、逆に疲れているときは、
避けるようにしましょう。

 

 

5つのしつけ

無駄吠えのしつけ

 

1.「マテ」

まずは、「マテ」をできるようにします。
これは、行動を制止するために必要なしつけです。

 

方法は、いくつかありますが、おやつをあげながら行うと効果があります。

 

手におやつを持って、リードをひいて、犬を左側にして歩きます。
「マテ」と指示しながら、左手を犬の鼻先に「マテ」の手を出します。
犬が止まったら、すぐにほめて、おやつをあげます。

 

これを繰り返して練習しましょう。

 

2.「オイデ」

次に、「オイデ」を教えます。
これは、どんなときでも、飼い主さんに呼ばれたら、犬が来るように
するためにしつけます。

 

3.「マテ」 ⇒ 「オイデ」

リードをつけて、「マテ」をさせます。
飼い主さんは、少し離れたところから「オイデ」と言って、リードを
引っ張ります。

 

犬が自分の手元まで来たら、ほめてあげて、おやつをあげます。

 

4.「スワレ」

「スワレ」は、すべての服従訓練の基本です。

 

まず、犬が立っている状態で、手に持ったおやつを見せて、
手を上に持ち上げていき、犬がそれを見上げるようにして、
自然にお座りをするようにもっていきます。

 

このときに、犬が座りかけたときに「スワレ」と指示をして、
座ったらほめて、おやつを与えます。

 

これを繰り返すことで、座るとおやつをもらえるという状況をつくって
覚えさせます。

 

5.「フセ」

「フセ」もこの方法で、スワレの状態から、おやつを持つ手を下げて、
「フセ」の姿勢になるようにしますが、「スワレ」よりも、
難しいと思います。

 

ただ、「フセ」は、姿勢自体が、服従的なので、覚えてもらうと、
ほかのしつけのときにも、有効的です。

 

 

プロのしつけ法を活用

 

なお、こういった基本的なしつけでも、なかなか言うこと聞いてくれない場合は、
訓練グッズはもちろん、プロのトレーナーにトレーニングを任せてしまったり、
専門家のDVDマニュアルを活用するもの方法の1つです。

 

 売上No.1 犬のしつけDVDマニュアル

※値段は少し高いけど、返金保障付きなので効果がなければ返品できます。

 

いくら教えても、吠え癖が治らない愛犬に……

イヌバーシティ

 

愛犬のしつけ

※最初はうちのサイトで紹介している方法でトレーニングしてみてください。
 それでも改善が難しい場合などに、このプロのマニュアルを活用してみましょう。
 専門家ならではのしつけテクが多く、かなり参考になります。

 

 

 

 


 
5つの基本しつけ 犬種別にしつけよう ほめてしつける 犬が吠える6つの理由 訓練グッズを活用