犬種別アドバイス

人気閲覧ページ TOP3

犬種別アドバイス

犬は、犬種によって、性格も特徴も異なります。

 

よって、犬種によってしつけ方も違ってくるのです。

 

ここでは人気犬種を例に、各犬種ごとにしつけ方を見ていきます。

犬種別アドバイス記事一覧

ミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドは、思考能力の高い、頭のいい犬種です。そのために、自己主張が強く、ときとして頑固なところがあります。もともと狩猟犬だったため、吠え癖がつきやすい犬種です。獲物(ミニチュアダックスフンドはウサギ専用)に吠えかかって、巣穴から追い出していたというルーツがあるため、吠えやすいのは仕...

≫続きを読む

 

トイプードル

トイプードルは、明るく人なつこく、活発な犬種です。トイプードルのルーツは、泳ぎの得意な鳥猟犬として活躍したプードル(スタンダード)を小型化したものです。そのため、運動神経も良く、脚力が強いのも特徴です。高いところに飛び乗ったり、まるで猫のような身体能力を見せます。基本的に、無駄吠えの少ない犬種ですが...

≫続きを読む

 

チワワ

チワワは、明るく好奇心旺盛な犬種です。もっとも小さな犬種として知られていますが、意外と気が強く、些細なことで噛みついたり、吠えたりする子もいます。超小型犬ゆえに、飼い主さんは、溺愛しすぎてしまう傾向があります。その結果、飼い主さんのいうことを聞かないわがままな犬に育ってしまいます。無駄吠えや噛み癖な...

≫続きを読む

 

柴犬

柴犬は、昔から猟犬として、また番犬として飼われてきました。そのため、勇敢で闘争心旺盛な性格です。また、大変賢く、ご主人様にとても忠実で従順ですが、他人に対しては、非友好的になりがちなのも特徴です。また、警戒心が強いうえに、番犬としてのルーツをしっかり受け継がれている気性のため、神経過敏に無駄吠えをし...

≫続きを読む

 

コーギー

コーギーの愛称でおなじみのウエルシュ・コーギー・ペンブロークは、かつて、イギリスで、牛追いの仕事をしていました。また、イギリスの王室の犬、ロイヤルドッグといえばコーギーですよね。ピンと立った耳と胴長の身体が特徴的です。コーギーは、先天的に尻尾の無い子が多いですが、尻尾の長い子犬が生まれたら、断尾しま...

≫続きを読む

 

ラブラドール

ラブラドールは、大型犬として、ゴールデン・レトリバーと人気を二分する犬種ですね。盲導犬や麻薬犬として活躍し、見た目も凛々しくカッコイイ犬種です。とても愛情深く、責任感に溢れる大変有能な犬種です。我慢強く、賢いので、当然、訓練もしやすい犬なのです。そんな性格なゆえ、番犬の役目をするところもあり、吠えて...

≫続きを読む

 

ポメラニアン

ポメラニアンは、元は大型のスピッツでした。それを小型化したのが、現在のポメラニアンです。モーツァルトもポメラニアンの愛好家だったといわれています。ポメラニアンは、日本で、「マルチーズ」「ヨークシャーテリア」と並んで、「愛玩犬の御三家」と称されました。愛玩犬は、貴族や僧など高貴な人のペットとして、飼わ...

≫続きを読む

 

ビーグル

ビーグルは、『スヌーピー』のモデルとしても有名な、タレ耳が特徴の犬です。また、尻尾が立っており、その先は白くなっています。ビーグルの歴史は古く、1475年には記録が残されています。かつては、イギリスでウサギ狩りのために、飼育されていました。アメリカで人気になるのは、ずっと後のことで、AKC(アメリカ...

≫続きを読む

 

パピヨン

パピヨンは、とても上品でエレガントな感じがする小型犬ですね。18世紀にマリー・アントワネットにも愛されたといわれています。まるで蝶のような大きな耳が最大の特徴です。内面も、明るく穏やかで、友好的な犬種といえます。また、我慢強く、知的ですが、やや神経質なところがあります。そして、人なつこく甘えん坊で、...

≫続きを読む

 

パグ

パグは、見た目も愛嬌たっぷり(笑)ですが、性格も、明るく、人なつこくて甘えん坊です。理解力もあり、飼い主さんは、まるで自分と会話ができているように感じているのではないでしょうか。ただ、飼い主さんには、とても従順ですが、自尊心が強いところがあるため、少し頑固で、マイペースな面も持っています。パグは、大...

≫続きを読む

 

ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザーの顔って、なんかお爺さんみたいで可愛いですよね(笑)そんなミニチュア・シュナウザーですが、内面は、明るくて活発で、甘えん坊なんです。闘争心は少なく、賢いので、しつけはしやすい犬種です。何事にも好奇心旺盛で、積極的に挑む勇敢な性格でもあります。しかし、警戒心は強いので、来客時に...

≫続きを読む

 

ボーダーコリー

ボーダーコリーは、「名犬ラッシー」で知られている、牧羊犬として、羊飼いに多く飼われていた犬です。声を発することなく、目で凝視することで、コントロールしたといわれています。1頭のボーダーコリーが、50頭もの羊をコントロールしたそうです。大変優れた運動能力を持っており、フリスビードッグとしても有名です。...

≫続きを読む

 

いくら教えても、吠え癖が治らない愛犬に……

イヌバーシティ

 

愛犬のしつけ

※最初はうちのサイトで紹介している方法でトレーニングしてみてください。
 それでも改善が難しい場合などに、このプロのマニュアルを活用してみましょう。
 専門家ならではのしつけテクが多く、かなり参考になります。

 

 

 

 


 
5つの基本しつけ 犬種別にしつけよう ほめてしつける 犬が吠える6つの理由 訓練グッズを活用